あいさつは えがお いっぱい にしきっこ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

西紀小ニュース - 4年生 国際理解教育 と 児童会 みんな遊び

4年生 国際理解教育 と 児童会 みんな遊び

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
nskd1bp 2018-1-23 18:21

 1月23日(火)、4年生が国際理解教育に取り組みました。
国際理解センターの矢持さんと野村さんにお世話になり、ブラジルの場所、国旗の意味、歴史、ポルトガル語のあいさつ等を教えていただきました。

  こんぺいとうやカステラなどの日本語がポルトガル語が元になってできたことやブラジル国旗の緑がジャングル、黄色が金を表していることなど、それぞれに意味があることを詳しく教えていただきました。

  最後に「ペイジーニョ」というおかしを作りました。練乳をねって団子状にし、ココナッツの粉末をまぶしたものです。とっても美味しく上手に作れて、ほめていただきました。
 ブラジル文化を知って、味わうことができました。

 中間休みには、児童会主催のみんな遊びを行っています。この日は「ケイドロ(警察と泥棒)」をしました。児童会役員がみんなを全力で追いかけていました。
 みんなが楽しめる行事を考えて実行しています。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://nishiki-el.sasayama.jp/modules/d3blog/tb.php/862
copyright