全校学習タイム

全校学習タイムは、国語や算数を全校生で学習する時間です。

教科書やプリントなど学年ごとに課題は違います。

勉強する場所も、誰と勉強するかも自由です。

最初は、同じ学年で集まって学習する姿が見られます。

「これって、どういうこと?」「ここにかいてるで」と言う声があちこちで聞かれます。

そのうちに、学年が入り交じって学び合います。

3学年、4学年が混じるのも普通です。

この学習の良いところは、分からなかったらすぐに誰かに聞けることです。

さらに教える側も、人に教えることで復習になったり、知識を定着させることができることです。

中には、1年生の算数の相手をする上級生もいます。

時間の余った下級生は、上級生の勉強にチャレンジしたりする姿も見られました。

「なあなあ、ぼくの説明聞いてくれる?」お互いに笑顔で学んでいます。

西紀小学校では、ふるさとキャリア教育の研究を進めています。

教科の学習をしながら、将来必要になる「人とつながる力」や「挑戦する力」「解決に向けて工夫する力」などの育成をめざしています。

これらの力をつけることで、学校目標である「未来を切り拓き、夢をかなえる力の育成」の実現を目指します。

まず、週1回から始めています。

林業体験(5年)

5年生が林業体験をしました。

まず、説明を聞きます。

伐採する木を決めます。

切り目を入れていきます。

みんなですこしずつ切ります。

木を切り倒した後は、それぞれが持ち帰る分だけのこぎりで切ります。

5年生は、充実した笑顔で学校に帰ってきました。

人権朝会

人権朝会 「あなたが、もし『わたし』だったら」

仲良しにしていたAさんが、今週になってずっとお休みしています。

Bさん「ねえ、きいた?Aさん、今日もお休みよ。」

Cくん「Aさん、ひょっとしたら、コロナかなあ。」

Bさん「そうかもね。先週もせきをしていたし。」

Cくん「うつされたら、いややなあ。ずっと休んでいてほしい。」

この二人の会話を聞いて、わたしは、もやもやした気持ちになりました。

でも、何も言えませんでした。

つづいて、「あの子」という絵本を紹介しました。

うわさだけで、その人のことが広まっていく内容です。

結局、だれも自分でたしかめることなく、何も考えずに信じてしまいます。

子ども達も自分なりにいろいろ考えていたと思います。

さつまいも苗さし

今年も、全校でさつまいもを育てます。

苗を植えていきます。

適度に間隔を取って

マルチを少し破って

植えていきます。

高学年が、低学年を教える姿があちらこちらで

見られます。

最後に水やり当番を決めて、終わりました。

引き渡し訓練

今年も引き渡し訓練を行いました。

帰る用意をして、特別教室棟へ移動します。

今回の引き渡し訓練は、土砂災害により体育館が使用できない想定だったので特別教室で行いました。

迎えがあるまで、静かに待ちます。

密にならないように、保護者の方も時間をずらして迎えに来てくださりました。

当日は強い雨が降ったので、良い訓練になりました。